フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 勝ったぜ! | トップページ | ワールドカップについて »

2006年6月18日 (日)

クマガヤの歓喜

日本クラブユース選手権(関東大会2次リーグ)
大宮アルディージャユース 2-0 横浜FCユース




【得点】 18分緑川  81分坂本


【スタメン】
GK 松本
DF 柿沼 岩沢 吉田 石津
MF 横田 高橋 勝野 緑川
FW 渡部 豊田


【交代】 55分豊田→坂本  73分勝野→中里  
     75分緑川→加藤  77分石津→村上


絶対に勝たなくてはならない試合、そして得失点差の事を
考えると得点も出来るだけ欲しい。
序盤、渡部を少し下がりめの位置におき、左サイドの緑川と
SBの石津が積極的に攻撃に参加する。12分、緑川のCKから
勝野がミドルシュートを打つがポストの上を越えてしまう。
引き気味にいる横浜FCに対し、攻撃を繰り返す大宮。
18分にはついに先制点を奪うことが出来る。
石津からゴール前中央の渡部へ繋げ、最後は緑川が決めて
1-0。
更に攻め立てる大宮。24分には相手のペナルティーエリア前で
渡部がファールを誘い、緑川がFKを蹴ると見せかけて短く蹴り
自分でゴール前へ攻め込む。シュートを打つがポストの右に
外れてしまう。
44分、横浜FCにゴール前でFKを与えてしまったが、ゴール前の
混戦をなんとか切り抜ける。その直後のCKも横田が相手の攻撃を
抑え、前半はリードして終わらせた。
後半、横浜FCは守りを固めて、余り攻めてこない。大宮は中盤の
横田、高橋が前に出て攻撃をする。55分に豊田に代え、坂本を
入れる。相手DFの裏を取りに行く坂本が61分に抜け出しGKと
1対1の場面をつくるが惜しくもゴール脇に外れてしまう。
この辺りから横浜FCも前線に出てくるようになる。
73分には勝野に代え、中里が入る。そして、その中里が77分
立てパスを横田へ繋げ、受けた横田がゴール前左にいた坂本へ
流し、落ち着いて決めて2-0とする。
その後も追加点を狙って果敢に攻める大宮。87分には吉田の
FK、緑川のCKと怒涛の攻撃をするがもう1点を奪うことが出来ずに
終了。
試合後の挨拶をして、選手達がバックスタンドにやってきた時
JEF千葉が湘南に勝利したという情報が入り、ここからはピッチ
スタンドともに喜びに溢れ、山崎監督、西脇コーチの胴上げ
バックスタンドで選手、コーチ、父兄、見守る会メンバーも含めて
記念撮影し、勝利の余韻に浸りました。

最終結果として
1位JEF千葉 勝ち点13
2位大宮    勝ち点10
3位湘南    勝ち点9となり

堂々と全国大会出場の権利を勝ち取りました。
来週には那須での5位決定戦という事で、一先ずは9決を
免れる事が出来ました。
昨年に続けて全国大会出場ですが、目標は去年のベスト4
3位以上という事でもちろん優勝しかない!
その為にはこれからの暑い時期に練習、そして学校と大変ですが
その先に待っている更なる、目標(トップ昇格)に向かって
頑張って欲しいです。


日本VSクロアチアが始まるので今日はここまで。

« 勝ったぜ! | トップページ | ワールドカップについて »

大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

熊谷は遠くて・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ったぜ! | トップページ | ワールドカップについて »

茶飲み友だち(リンク)

無料ブログはココログ